学生起業年収100万UPの秘訣とは?現役起業家に突撃インタビュー

 

20歳の頃の私は自身のお金について毎日のようにすごく考えていました。

にもかかわらず、物足りないと感じる収入の毎日。

 

そんな時に、大学生で起業して稼ぎ、収入を得ている。という情報を耳にし、

そんな人も存在するんだとびっくりしたのを覚えています。

 

ごく当たり前の日常を過ごしていると学生での収入はアルバイト代。

卒業しても会社からの給料。と思ってしまうのが大半ですよね。

 

たまに起業で稼いでいるというのを見ても、

遠い世界だと流すのがいつものパターン。

 

そんな中でもこの記事では、自分も稼ぎたい!とビジネス初心者の私でもチャレンジし、

アルバイト代とは別に収入を得られた方法を紹介します。

 

ちなみに僕自身はコンテンツ販売といわれる

スマホ1台でできる方法で、

 

人間関係の悩みを扱う電話相談を販売し、

2ヶ月で10万円ほどの収益を上げ、スタートしました。

 

起業すると、がんばり次第では10万、20万といくらでも稼げるので、

就職せずに起業という選択肢でやっていこうという状態にもなるかもしれません。

 

就職した場合の収入と比較しながら解説しますので

理想の収入に近づくための参考にしてみてください。

 

学生起業家の年収って?

 

学生で起業をしている方の年収に関するデータを調べたところ

正確で詳細なデータは見つかりませんでした。

 

やはりあまり学生での起業が世間一般的ではないことと

調査の上では年齢関係なく起業家としての分類にまとまってしまうことが理由にあげられるでしょう。

 

なので、参考に起業家の年収を見ていきましょう。

 

 

日本政策金融公庫の調査によると、起業家の平均年収は480万円となっていました。

月収に計算すると40万円ほどでしょうか。

なお、20代の起業家は平均年収300万円ほどといわれています。

 

もちろん実際にはバラつきもあり、成果がでなければ収入がないということもあります

 

起業って稼げないんじゃない?

成功するの一部の人だけでしょ?

という声が起業にはあるものの、夢物語ではないことがわかってきます。

 

20代の収入がアルバイトをしている方だと月8万円の計算だとして、年収は112万円

手元に入ってくるお金が月20万円の会社員だとしても年収は240万円になるので

 

平均で見ると起業した方が高くなっています。

 

ただ、働き方や個人の実力によって大きく変動するのが起業家という働き方です。

ここでは20代の起業家が完全に稼げないことではないことを頭に入れておくと

 

もし自分が起業ということに興味があるものの

「稼げない」というイメージで諦めてしまうことは、このデータからなくなるのでは?と思います。

 

起業した場合と就職したときの収入を比べると

 

 

2019年9月~20208月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した会社員の平均年収データによると

20代が340万円となっています。

 

20代の起業家の平均年収約300万円とほぼ変わらず、起業家の方がやや高くなるかどうかくらいになります。

 

ただ労働時間という面でみると、会社員は一日8時間で週5日働いていたとして

月160時間働いているのに対し、

 

起業家は人それぞれ、働いている時間が変わります。会社員より働いていることもありますが、

工夫しだいで労働時間を短くし、自分の時間が作ることがしやすいのは起業家です。

 

短い時間で稼ぎ、自由なライフスタイルを目指したいと思うなら

起業家を目指してみるといいでしょう。

 

いつでも決まった時間に働き、

同じような給料を定期的に手に入れたいという場合や

 

この会社で働きたい!と思える会社がある場合には

会社員の道を選んで見ることがおすすめです。

 

学生起業ってどんな感じ?学生で起業した先輩達にインタビュー 

3-1 新しいことにチャレンジしたくて起業 吉田尚生さん

 


TRYBASE
まずは簡単な自己紹介からおねがいします。
青年 吉田尚生さん

現在理系の学部に通っています。

大学3回の時に起業支援団体に入って起業をしました。今で約一年になります。

 

 


TRYBASE
起業したきっかけは?
青年 吉田尚生さん

性格的に新しいことをするのが好きで、それに新しいスキルも身につけるのが好きなので

そんな時に起業という選択肢が目に止まり、やってみようと思いました。

失敗しても成功しても就活とかに使えるし経験自体に価値があるものになるので

それで起業したのもありますね。


TRYBASE
どんな事業をしていますか?
青年 吉田尚生さん

情報発信などのオンラインで困っている方のサポートをするコンテンツ販売と

WEBメディアの記事を書く、ライターをしています。

起業した当初は僕自身が中学からしていた卓球をテーマに情報発信をし、

さらに興味を持ってくれた人に有料で指導をしていました。

始めてから2ヶ月ほどで収益を上げることができました。

それからはライターの仕事を中心に活動しています。


TRYBASE
学生で起業してみてどう?
青年 吉田尚生さん

特にマーケティングのスキルは身についてよかったなって感じますね。

っていうのも日常の交渉事でも人の心を動かすっていうそこからだと思うので

そういうところを知れてよかったです。

ビジネススキルは持ってて損することはないって思うので

日常生活でも使えるし、やれてよかったなって思います。


TRYBASE
お金のやりくりはどうしてる?
青年 吉田尚生さん

僕自身のお金の使い方は

3割が遊び、5割が趣味で始めたドラムに使ったり、

2割は自己投資に本を買ったり資格を取ったりするのに使っています

やっぱり新しいことをするのが好きなのでずっとやりたかったドラムを最近は始めました。

事業の中ではスキルを身につけたいっていうのもあるので

自己投資にはお金を使っていますね。


TRYBASE
起業するか迷っている人にメッセージをお願いします!
青年 吉田尚生さん

迷うくらいならやったほうがいいと思います。僕もそうやったけど

一人でやるというのは本当にハードル高いし、まずやり方を調べないといけなかったりとか

知らないといけないこととかあると思うので、そういうところで挫折しちゃうんだと思います。

それは本当にもったいないし、そうなるくらいやったらお金払ってでも

支援団体に入ってスキルを身に着けることが大事だなと思っています。

今後も使えるスキルも身につけれるし、お金を稼げるようになれば

ハッピーなんじゃないのかなって思います。

まずは自分ができることをすることが大事かなって思います。

現役起業家の吉田尚生さんが実践するコンテンツ販売って?

 

これから起業する方におすすめするのは、資金リスクがとても低く、初期経費を抑えられる方法です。

 

今から紹介するコンテンツ販売をおすすめする理由は、起業する時にハードルが低く、

さらに、失敗に終わったとしても大きな借金などが残らないためです。

 

売上をせっかく上げたとしても、かかってしまう経費が多いと

収入がとても少なくなってしまうため、

初期経費を抑えられ、手に入れられるお金が多いことも理由に挙げられます。

 

今の時代、パソコンかスマホ1台で

無料のサービスを使って収益がしっかり上がる起業をすることができます。

 

実際に私自身は今から紹介するコンテンツ販売で収益を上げることができました。

吉田さんや僕自身もこのコンテンツ販売から起業しました。

 

■未経験・資金コストほぼ0で稼げるコンテンツ販売とは

 

コンテンツ販売とは、自分が持つ知識や経験をブログ、PDF、動画などにデジタル化し、Web上で販売するビジネスモデルです。

 

流れとしては、どんなテーマで商品を売っていくか、などの企画をし

SNSで情報発信をして集客をし、自分の発信に興味を持ってくれた人と関わり、信頼を作り、商品を販売していく流れになります。

 

扱うテーマは何でも可能ではあるところがコンテンツ販売の大きなメリットになります。

主に使われるのが恋愛、ダイエット、筋トレ、人間関係が挙げられます。

 

もっと細分化して「人見知り」や「ナンパ」といったテーマでやられている方もいました。

 

実際にお客さんがお金を払ってでも解決したい悩みであるなら、幅広く商品テーマとして活用できます。

 

コンテンツ販売についてはこちらの記事に詳しく紹介されていますので、

やってみようかな!と思ったら是非参考にしてみてください。

 

↓【徹底解説】現役起業コンサルタントが教える一番オススメの副業“コンテンツ販売”

https://try-base.com/content-sales

■コンテンツ販売をした場合の年収マップ

 

このビジネスモデルでは約2ヶ月で収益を上げるのが平均と言われています。

 

手元に入ってくる収入が2ヶ月後になるのは

コンテンツ販売で行う、企画→集客→販売

の手順で販売という商品を買ってもらう。

 

という段階に入るまでに準備期間が必要だからです。

 

ですが、集客に使うSNSには継続すればするほど

ユーザーに見つけてもらいすくなるという特徴があります。

 

自分の活動が多くの人に見てもらえると

収入へと繋がる機会が多くなるため、継続すれば収入も上がっていきます。

 

その他にも発信する文章や、お客さんとの関わりも

慣れてくるので、やるほどにうまくこなせるようになります。

 

もちろん個人差はありますが、真剣に事業をしていれば、

収入は右肩上がりに上がっていくことでしょう。

 

4-1 コロナ禍に刺激を求め起業 本吉佑衣さん

 


TRYBASE
まずは簡単な自己紹介からおねがいします。
女性 本吉佑衣さん

大学3回生です。普段は週3、4日のペースで学校に通いながら、サークルにも通っています。

その中で自分の事業に一日1時間~2時間使っていますね。

 


TRYBASE
起業したきっかけは?
女性 本吉佑衣さん

1年前に起業したんですけど、コロナ禍で何もできなくなったのが大きかったですね

学校にもいけなくなったし、友達にもあえなくなったし、アルバイトもあまりいけなくなったし、

刺激のなさがすごくて、そんな中で学生起業団体を知り、

何か変わるかなって思って

サポートを受けながら起業しました。


TRYBASE
どんな事業をしていますか?
女性 本吉佑衣さん

今は主に2つほどしています。受験に関するコンテンツ販売。

そして、もう一つはこのメディアのTRYBASEにてライターをしています。

主に、起業に関する一連の経験を元に、これから起業を目指す学生に対して情報を発信しています。


TRYBASE
学生で起業してみてどう?
女性 本吉佑衣さん

今となっては毎日友達もできたし、面白いですね。

 

もちろん仕事をしてお金が手に入る。というのもそうだけどスキルが身についたところが

とてもよかったなって思います。

 

時間で決められた時間で働いてっていうのもいいけど

起業して自分がビジネスをやっていくと自分の収入が決められるので面白いなって思います。

自分の事業で稼げるようになったら

何か困った時にこれあるからいいやっていう逃げ道ができたのがよかったってすごく思います。


TRYBASE
お金のやりくりはどうしてる?
女性 本吉佑衣さん

勉強のために月に1万円くらい本を買ったりしています。

時には美味しいもの食べに言ったり笑

あっと驚くようなお金の使い方はしていませんが

好きなことや自分の為の勉強などに使っていますね。


TRYBASE
起業するか迷っている人にメッセージをおねがいします!
女性 本吉佑衣さん

今、やりたくもない事に頭を抱える日々を送っているのなら、起業しましょう!

自分の人生を変えられるのは本当に自分の意思と行動だけです。あとは、あなたしか救えない人を救うだけです。

現役起業家が実践するWEBライターって?

 

こちらもコンテンツ販売と同じように

資金リスクが低いことが年収アップにおすすめする理由です。

 

パソコン1台でできるので、初期経費がかからず、収入へと繋がりやすくもあります。

 

特別な資格がなくても仕事ができるため、これからビジネスをやってみたい方へもおすすめしています。

WEBライターとはネット上で閲覧できる情報ページを作成する仕事です。

主に

・自分でメディア(ホームページやSNSアカウント)を立ち上げ、発信をし、収入に繋げていく

・案件を受注し、納品して報酬を得る

と大きく2通りの稼ぎ方があります。

 

まず、記事の作成には、どんな記事を書くかを決め

ユーザー(読み手)がどんなことが知りたいかリサーチをします。

 

内容の構成をし、書くのに必要な情報をあつめながら完成させる。という流れで制作していきます。

 

文章に自信がない、、

という場合でも今から始めるには問題ありません。

 

私自身も文章スキルはありませんでしたが、

やっていく中で身に着いていきました、

 

自分に合わせた働き方ができるのもWEBライターです。

空いた時間から始めるのもいいでしょう。

 

■WEBライターをした場合の年収マップ

 

WEBライターの平均年収はフリーランス白書 2019」(文筆系)によると

260万円~560万円です。月収にすると21万円~46万円ほど。

 

 

 

案件を受注する場合、スキルや実績によって得られる報酬か変わっていきます。

経験を積んでいき、記事制作のスピードが上がったり、単価を挙げていくことで

 

会社員と変わらないぐらいの収入も目指すことができ、

起業家には収入の上限がないので工夫次第で増やしていくことができます。

起業前の不安を解消する解決策

 

「できるならとっくにそうしてる」

 

僕がお金を稼ぎたい!と思っている時に起業成功者の

こうすればうまくいく。という話を聞く度に思っていたことです。

 

起業したらお金をめっちゃ稼げて夢のような生活ができるよ!という広告や情報を

僕は個人的ですが、最近すごく見るような気がします。

 

その度に、できるならとっくにそうしてるわ!というのがいつもの本音。

 

年収が上がって、欲しい物を買ったり、自由に生活できたらめっちゃいいですよね。

 

なのに昔の私は人生に不満だらけなのにも関わらず

そんな「理想の生活」というワードにも気持ちは変わりませんでした。

 

そんな経験から、この記事を書いていて単純に年収アップを実現する起業方法を紹介しても

僕と同じようにあなたもこう思ってしまうんじゃないかって不安になったんです。

 

ではなぜ起業してお金稼ぎたい!と思うのになかなか腰が動かないんでしょう?

 

それは未来の理想の生活よりもその過程への不安の方が大きいからだと思います。

 

正直失敗したくないですし、大切な時間だって無駄にはしたくないと思いますよね。

 

ですのでここでは起業の際の不安の解消する2つの対策を紹介していきます。

 

4-1 専門家からアドバイスをもらう

 

起業に踏み込む不安は

「ほんとにうまくいくんかな」「失敗したら嫌だしな」ということでしょう。

 

そんな不安を解消するには、専門家からアドバイスを受けることです。

 

なぜなら、その方が一人でやるより成功する確率がグンと上がるからです。

起業に関する知識や方法など、初めて起業する人が不安に思う点を解消することができます。

 

私個人的にはむしろ専門家の立場からアドバイスを受けないと

99%失敗に終わるんじゃないかと思っているくらいです。

 

起業をすると「正解」というものがありません。

必ず成功する。という方法も存在せず、本当に売上に繋がっているのかが

始めたばかりの人では判断するのがとても難しいのです。

 

私自身も一人で起業したわけではなく、

起業の専門家にアドバイスを受けながら事業を進めていきました。

 

私にはこれまでの経験から、一人で何かをすると

本当にゴールに向かっているのかがわからず、結局時間だけが過ぎ、失敗に終わってしまったことが

何回もあり、お金を払ってでも受けようという決意がついていました。

 

実際に、しっかりと自分の課題を指摘してくださるので

売上をたてるまでがとてもスムーズで速くなったと実感しています。

 

もし一人だけで起業していたら

時間とお金がただただ消えていったと思います。

 

相談相手というのはとても重要な存在になってくるので

お金を払ってでも受けることをおすすめします。

 

おすすめ相談窓口 

 

TRY BASE

若者・学生の起業を主にサポートしている団体になります。

おすすめする理由は個別相談ができることと、実際に起業されている方のお話が直に聞けること。

 

起業に関する本やセミナーに通ってみたけど、しっくりこなかった。

そんなことになる大きな要因は自分に合った解決策が見えなかったから。ということが挙げられます。

 

個別相談なら、大人数に向けて発信している情報とは違い

自分に合った起業についてピンポイントでアドバイスや助言をしてくれます。

 

私自身が所属している団体でもあり、とてもおすすめです。

 

■もっと知りたい!という方へ

 

当メディアの記事に現役起業家による

おすすめ起業団体の紹介記事が掲載されています。

 

支援団体ってどんなのかあるんだろう。と気になったら

こちらを読んでみてください。

 

↓大学生の起業を成功に導く!現役起業家おすすめ支援団体9選!

https://try-base.com/college-student-entrepreneurship-support

4-2 事業を継続しなかった場合も予め考えておく

 

事業を継続しなかった場合にはこのような不安要素が考えられるのではないでしょうか

・ お金を失ってしまう
・ 失敗というレッテルを貼られ、人生の行き先に迷ってしまう

 

学生起業をする場合、この2つが考えられます。

 

起業にはリスクというものが必ずあります。

ですが、リスクに対して理解を深め、対処すれば、不安の大きさは必ず

気にならないほどに小さくなります。

 

事業が続かなかった時にお金を失ってしまうケースへの対処法

 

これはまず、起業をする段階で起業リスクが低いビジネスモデルを選ぶことで解消できます

 

メディアでは「破産して借金を抱えお先真っ暗な人生、、、」

とピックアップされていたりしますよね。

 

でもこれは僕がネットを使って起業したからこそ

こんなパターンは資金リスクのある事業をしていたことに限ることがわかりました。

 

大きな借金や負債を抱えない為には記事でも紹介した、コンテンツ販売やWEBライターといった

パソコン1台・ネット上でできる・特別な資格が必要ないといったことが特徴の

資金リスクが低いビジネスモデルを選ぶことで避けられます。

 

とくに「ネット上でできる」ことが資金リスクを減らす上でとても大切なポイントです。

なぜなら、事業がネット上で完結すればお金がかからないからです。

 

もちろん、有料のソフトを買ったりすれば別の話ですが、

ほとんどの場合、無料ソフトで完結します。

 

もし実店舗で起業した場合の資金リスクはというと、どうでしょうか。

 

場所代、店の建設費、人件費、などにとてもお金がかかってしまいます。

売上が上がらない。という時期にもお金は出ていき、借金を抱えてしまいます。

 

もちろん実店舗で行う起業の形を全面否定するわけではありません。

 

「収入がもうちょっとあったらいいのにな」

と起業モデルに特にこだわりがなければ

 

コンテンツ販売やWEBライターといった

資金リスクが低いビジネスモデルを選ぶと

お金のリスクへの不安はほとんど解消されます。

 

失敗というレッテルが貼られ、就職できないかもという不安への対処法

 

生きていくにはどうしてもお金が必要ですよね。

事業を辞めてしまったけれど、就職して生きていきたい。

 

そんな時に以前の起業経験が仇となってしまったら、、、

と不安になってしまうのも無理もないと思います。

 

「どうしてやめてしまったの?」と

面接官の鉄板フレーズが飛んできそう。

 

こんな不安を解消するには2つの手順を踏んでみましょう。

 

1 就職するなら早めに明確に決断する。

 

早めに明確にというのは、このまま続けるか、続けないかのどっちつかずの状態のまま、時間だけが過ぎてしまった。ということを避けるために

 

続けるか続けないかを決め、就職するなら、就活に必要な期間を見極め、逆算してその就職予定日までの時間を確保することです。

 

私自身は高校生の時に就職するか進学するか決められないまま

卒業してしまい、路頭に迷ったことで

はっきりと決断できていれば時間とチャンスを無駄にすることはなかったのではと後悔しています。

 

なので先に「○月○日にこれからどうするか必ず決める」と具体的に決めておきましょう。

就職に必要な期間が分かれば、余裕をもって行動できます。

 

2 面接の時に話せるシナリオを準備する。

 

学生の内に起業をし、就職した方へお話を聞くと

口を揃えて話すのが「起業した経験が失敗でも就活に有利になった。」

という声です。

 

事業を継続しなかった失敗パターンでも

面接の際に起業した経験の中で

学んだことや身についたスキルなどを伝えられるようになればとても有利になります。

 

この記事で紹介したコンテンツ販売やWEBライターでも

商品企画したり、セールスしたり、文章を書いたりといった経験になり、スキルが身につきます。

 

起業に失敗したら人生終わりなんじゃないか。

そんなことはありません。

 

面接の時の材料にできると分かれば、起業へのチャレンジへの不安はなくなります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

収入がもうちょっとあったらな。けどどうすればいいだろう。

 

そんな行き詰まりを解消するために

すでに学生で起業されている方の声と

その具体的な事業内容を含め、紹介致しました。

 

これから先のイメージは膨らみましたでしょうか?

 

最後にお伝えしたいポイントは

まずはやってみることが大事ということです。

 

初めは不安ですよね。私もほんとに稼げるのかという疑いから

不安な思いでいっぱいでした。

 

ただ、人は小さな頃から今までも

先生だったり、相談する相手が身近にいます。

 

それは生きていくのに必要だったからです。

一人でやるより、確実に楽に成功するには
相談相手が必要です。

「少しでもやってみようかな」
と思ったらLINEにご登録ください。

TRY BASE では現役起業家から
個別にアドバイスや相談を行っています。

無料eBook
自分で稼ぐ力を最速で手に入れる

学生のための5ステップ起業法

起業に関して以下の様な
お悩みを抱えてはいませんか?

  • 起業したいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 独立や起業に興味があるけど、自分にもできるか不安
  • できるだけリスクを抑えて起業したい

というあなたのために、現役起業家が集まるTRY BASEメンバーの知識を結集させた、無料eBOOKをご用意しました。

資料
Step1
儲かる市場を選ぶ
Step2
自然と売れる商品の作り方
Step3
Web集客3つの手法
Step4
答えのない問題を解決する
Step5
圧倒的GIVERになる

今すぐ、このレポートをダウンロードして、
起業の悩みをマルッと解消してください。
方向性とアクションプランが明確になるはずです。