【経営者インタビュー付き】経営者になりたいあなたにお勧めの準備

「経営者になりたい!」あなたもそう思いませんか?

私も5年前、経営学部に通っていた大学2年生の時に強く経営者になりたい!と思いました。

(経営学部に通っていたのに、それまでは全く経営者になりたいとは思っていませんでした。笑)

そこから就職活動、就職、独立とステップを踏んで、5年の時を経て、まだ駆け出しで未熟ではありますが経営者になる事ができました。

その経験から断言できる事は、きちんと準備さえすれば経営者には誰でもなれるという事です。

「あなたが優秀だったからじゃないですか?」と思われるかもしれませんが、安心してください。

当時は彼女を作る事しか頭になかった普通の大学生の私ですらなれたのですから、誰にだって経営者になれます。

ただし、長続きして成功する成功者にはポイントがあります。

それをあなたにお伝えします。

この記事では、経営者になるために必要な準備から、実際に株式会社を作る方法まで経営者になるために必要な事を全てお伝えしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

1.経営者になるためには学歴は必要か?

この章では、経営者になるためには学歴は必要なのかどうかについてお伝えしていきます。

1-1.高卒でも経営者になる事は可能だが、大学に行く方が有利

先に結論からお伝えすると、高卒でも経営者になる事は可能ですが、大学にいく方が有利です。

その理由は3つあります。

①大学に行く事で起業準備のための時間が作れるから
→起業には準備期間が必要なので、準備の時間がある方が有利です

②大学での学びが起業に活きるから
→大学で経営や、法律やお金の勉強をしておくと起業に活きるので有利です

③大学在学中は副業という形でリスク無く起業のテストができるから
→高卒でいきなり起業して失敗するとただのニートですが、大学生はただの大学生のままだからです。

個人的には高卒でいきなり起業する事はリスクが高いと思っています。

高卒だとほとんど世の中の事も分かっておらず、準備も大してできていない可能性が高いからです。

だからこそ、私は大学に行って、4年間という時間で資格を取ったり、実際に副業で起業してみたりと色々な形 で準備をする事をお勧めします。

では、問題はどの学部がいいのか?という事ですよね。

それに関してはこれから紹介する3つの学部がお勧めです。

1-2.学部は商学部、経営学部、法学部がお勧め

1-2-1ビジネスを学ぶなら経営学部か商学部

実際に経営学部に通っていた私の経験上、経営者になりたいなら経営学部や商学部に行く事をお勧めします。

なぜなら、経営学部に行くと経営の基礎知識が学ぶ事ができるからです。

あなたは、「経営の基礎知識なんて無くても起業してる人はいるよ!」と思われるかもしれません。

確かにその通りです。

ですが、経営の基礎知識を学ばないまま起業する事は、算数を学ばずに数学に挑戦する ようなもので、難易度が高いのです。

経営学部で実際に私が学んだ経営の知識としては、以下のような知識があります。

・競合との競争に勝つための競争戦略論
・会社のお金の流れを把握するための会計論
・起業してからどうやって会社を成長させるかを学ぶベンチャービジネス論、起業論

これらを学んでいるだけで起業はかなり有利になります。

実際に経営者になるためには次の章で紹介するような知識が必要になります。

1-2-2.起業に必要な法律面の知識をつけるには法学部がお勧め

企業に必要な法律面の知識をつけるには法学部がお勧めです。

なぜなら、法学部では様々な法律について学ぶこ とができるからです。

実際に経営をする場合はマーケティング的な知識だけではなく、税務や雇用契約に関する法律的な側面の知識 が必要不可欠です。

私も経営者としてやっていくにあたって税務の知識がないので最初は困りました。

やはり1番初めは売り上げを立てるためにセールスやマーケティングの勉強しかしてこなかったため、税金に関 する知識等は後回しになっていました。

だからこそ起業する前に法学部で法律面の知識をつけておくことをおすすめします。

2.経営者になるために必要な知識、素養

この章では経営者になるために必要な知識を5つご紹介します。

2-1.営業に関する知識

まず初めに必要となる知識は営業に関する知識です。

なぜなら、経営者になると1番初めに求められるスキルが営業スキルだからです。

やはり会社は利益を上げなけ れば倒産してしまうので、何を差し置いてでも売り上げを上げることが求められます。

私の周りの経営者でも、起業当初は商品改善とかはそっちのけで営業をする経営者の方が多いです。

私自身も起業してから特に思いますが、売り上げが立たないと明日の生活が脅かされてしまいます。

このときの恐怖感は本当に怖いんです。

いつ自分が野垂れ死にか分からないと言う恐怖が、売り上げが立たな いことによって自分に襲いかかってきます。

だからこそ1番初めに営業に関する知識をつけておきましょう。

2-2.組織マネジメントに関する知識

そして2番目に必要となってくる知識が組織マネジメントに関する知識です。

なぜなら、経営者は従業員をマネジメントしないといけないからです。

従業員が気持ちよく働いて売り上げを立ててくれるからこそ会社は運営できます。

もし組織マネジメントが下手だと、従業員が自分の思い通りに働いてくれず、低いモチベーションでで働くことになります。

そうなると会社の口や不平不満ばかり言うようになります。

経営者としてはすごく腹が立ちますが、これも自 分の組織マネジメントに関する知識がないからです。

こんなことにならないように組織マネジメントに関する知識をつけておきましょう。

2-3.マーケティングに関する知識

3番目に必要となる知識がマーケティングに関する知識です。

なぜなら、マーケティングが下手だとどれだけ良い商品でも売れにくいからです。

経営学で有名なピータードラッカーは、マーケティングやセールスを不要にすることと言いましたが、それぐらいマーケティングは経営に必須の能力です。

私も起業するまでに5年間もの間、準備を重ねてきましたが、そのほとんどがマーケティングの勉強でした。

どうすればお客様が商品を買いたくなるか?どうすれば売り込まずに商品が売れるか?こんなことばかりをこの5 年間勉強して実践してきました。

マーケティングができるかどうかで利益が大きく変わりますので、絶対にマーケティングの知識をつけておきましょう。

2-4.会計や経理に関する知識

4つ目に必要な知識は会計や経理に関する知識です。

なぜなら、会計や経理に関する知識がないときちんと利益を残す会社にすることが難しいからです。

どうやって利益を計算するのか?そして利益を残すためには何をすればいいのか?

こういった事は会計や経営に関する知識から得られるものです。

例えば、会計経理に関する知識がなくどんぶり勘定で形をしていると、売り上げが上がっているからといって経費でお金を使い込んでしまって結局利益が残らないなんてことになります。

会社は利益を残していく必要があるので、そのためにも会計や経理に関する知識をつけておきましょう。

2-5.法律に関する知識

5つ目に必要な知識は法律に関する知識です。

なぜなら、会社を経営するにあたって様々な法律の知識を知っておく必要があるからです。

無自覚のうちに法律を破ってしまっても、法律を知らなかったでは済まされません。

仮に重大な法律を知らない間に犯してしまった場合は最悪の場合会社を経営できなくなることだってあるで しょう。

なので法律に関する知識は必ずつけておきましょう。

3.経営者になるために必要な準備とは?

3章では経営者になるための必要な準備をお伝えします。

3-1.取っておくと有利な資格3選

資格と言うと世の中にいろいろありますが、今回は経営者になるために特に必要な資格に絞ってあなたにお伝 えします。

リンク・概要・メリット・費用・難易度・経営者になる上で役だつポイント

3-1-1.中小企業診断士

経営者になると言ったらまずはこの資格から考えます。

資格検定サイト https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

私も大学時代に目指した事がありましたが、あまりに難しくて挫折した経験があります。笑

なので必ず取らないと経営者になれないわけではありませんが、この資格を取る事でかなり有利になることは 間違いありません。

なので一度考えてみることをお勧めします。

3-1-2.日商簿記検定

資格検定サイト https://www.kentei.ne.jp/

経営者になるために持っておくと有利な資格の二つめは日商簿記検定です。

なぜなら、この資格を持っていると会計が分かるようになるので、会社のお金の流れを把握しやすくなります

経営者として会社のお金の流れを把握してないのは失格だと個人的には思うので、一度考えてみてください。

実際に私も日商簿記検定の資格を持っていますが、どうやったらお金が会社に残るのか?

何が経費になって、何が経費にならないのか?などが分かるのでとても役に立ってます。

ぜひ勉強する事をお勧めします。

3-1-3.ファイナンシャルプランナー

資格検定サイト https://www.jafp.or.jp/exam/

 経営者を目指す上で3つ目に取っておくとお勧めな資格はファイナンシャルプランナーです。

なぜなら、ファイナンシャルプランナーを勉強するとお金に関する大事な事が網羅的に学ぶ事ができるからで す。

・税金に関する事
・保険に関する事
・相続に関する事
・投資に関する事 など、

経営者として最低限必要なお金の知識が学べます。

私もファイナンシャルプランナーは2級まで取りましたが、経営者になった今でもこの知識は役に立っていま す。

3-2.経営者になるために読むべき3つの本

3-2-1.起業の科学

 

レビュー1

スタートアップの起ち上げた方、サービスの起ち上げ方に関して、ここまで体系的にまとまっているものはないと思います。
各処に事例や数字が引用され、非常に理論的にも解説されていると思います。
社内メンバーに要所要所で伝えてきたことを、この本を使って体系的に教えることで大変腑に落ちたメンバーが多く、プロジェクトが進めやすくなりました。
新規事業やプロジェクトを新しいメンバーで始める時には、全員の共通理解にも使えると思います。

レビュー2

企業内新規事業のコンサルタントです。様々な新規事業に関わる中で、かなりの数の新規事業系の書籍を読んできました。
この書籍は、それら他の新規事業系の書籍を圧倒的に凌駕したまさに事業創造のバイブルとなるものです。理論だけでなく、数々の事例にてわかりやすく事業創造の流れがわかり、すぐに応用ができる手法が載っています。
事業創造に関わる方には必携の本だと思います

レビュー3

現在、大学生の授業の教科書として使っております。自分はかつてはコンサルタントとして、ビジネスプラン作成のスクールの講師を数多く務めましたが、スクール等では最も伝えにくい部分を、見事に表現していると感じています。
学生には少し高い本ですが、「飲みに行ったり、仲間とだべる機会を減らしても、必ず購入するように」伝えています。ほんの重さが変わるくらい、ラインマーカーと書き込みをするようにと。
学生が卒業後すぐに起業するのは難しいし、教員としてなかなか勧めにくい状況ですが、彼らが起業に目覚めかけたときに背中を押してくれるような書籍であると感じております。

アメリカでも日本でも起業をする際に必ず使える不変の本質を知りたい方にお勧めです。

この本は日米で複数の起業経験を持つアントレプレナーにしてベンチャー投資家である著者が、自分自身の起 業経験、投資経験を踏まえて「科学的な起業」の考え方を時系列でまとめたものです。

 

◎1000人以上の起業家、投資家を取材
◎起業に関する理論書と、起業家の自伝300冊を熟読
◎起業家のブログ500本、講演動画1000本を解析

 

これらのリサーチ結果を踏まえて作成された書籍です。

私自身が様々な起業家の方を支援させていただいている時に、皆様が必ずと言って良いほど「良い商品なら売れる」という落とし穴にハマります。

しかし、この本にはその落とし穴にハマらずに1から10までステップバイステップで起業する方法が書かれています。

私自身は何度も読み返していますが、何度読んでも気付きのある本なので、起業を考える人は全員読んでもらいたいという気持ちを込めて一番初めにご紹介しました。

3-2-2.起業3年目までの教科書

レビュー1
受託開発などの手堅い事業で稼いだ資金をスケール型事業への投資にあてる「キャッシュエンジン経営」の考え方や事例を紹介。
また、営業や採用、マネジメント、組織構築など事業の成長に合わせて求められるノウハウを事例とともに具体的かつ体系的にに紹介している。
満塁ホームランとは行かないまでも、確実にヒットを狙える内容。特にスタートアップ経営を目指す若手の方にはおすすめできる。

レビュー2

教科書という固苦しい内容ではなく、全てが作者の実践、経験に基づいた内容となっており、一つの物語として読むことができ、内容が頭に入ってきやすい。
これまで読んだ起業に関する本の中でも、より実践的な内容となっている。

レビュー3

「起業の教科書」タイトルどおり!受験勉強をする時と同じです、傾向と対策がわかっていなければ経営も上手くいかないと思います。起業を目指す方なら必ず読んで欲しい参考書です!
著者が起業してから3年で従業員180人規模の会社に育てるまで何を失敗し、何を改善し、どうしたら上手くいったのか、藤田晋さん、堀江貴文さんを始め、ZOZOTOWN、UNIQLOの経営者など先達の引用し、そこから学んで成功すること、ここまで具体的に、誰もが実践できるわかりやすい事例で書いてある本はないと思います。

まだ起業を目指す方ではなくても、営業の方や、上司になった方、就職活動中の学生、それぞれの立場で読んでみるのもおもしろいと思います。
個人的にわたしはこういう社長と一緒に働きたい!こんな会社で働きたい!こういう会社と仕事がしたいと思いました。成功する会社とはそういうものではないでしょうか?
ぜひ読んでみることをお勧めします!

特別なアイデアや才能は無いけど起業したいと思う人に凄くお勧めの一冊です。

この本ではキャッシュエンジン経営という手法が紹介されています。

キャッシュエンジン経営とは、堅実なビジネスで会社を維持するために必要な日銭を稼ぎながら会社を大きく する経営手法です。

キャッシュエンジン経営はサイバーエージェントやホリエモンが成功する時にも使われていた手法です。

実際に私も起業前にこの本を読んで感銘を受けて、キャッシュエンジン経営を実践しています。

一気に大きなリスクを取らずに堅実に会社を大きく成長させたい人にお勧めです。

3-2-3.起業を考えたら必ず読む本

レビュー1

以前より起業に対して、興味上がり似た様な本を読んでみましたが、
この本は起業の立ち上げに必要な知識等を細かく書いてあり、大変参考となりました。
読んだ結果、私には企業は難しいと判断しました。
起業に対して再び意欲が起きれば、再度読み返してみたいと思います。
本気で起業する方は、是非お読みになられた方が良いと思います。

レビュー2

無料会計ソフト フリーウェイジャパンの代表取締役による自らの起業についての経験談。
冒頭にもあるのですが、数ある起業本は実際に起業したことのない名ばかりのコンサルや教授などによるものが大半。
そんな経験のない人が話す経営論なんて参考にならないですよね。
そんななかで、この本には実際に起業した経験や体験談が惜しげもなく述べられております。
起業するリアルや怖さ、よほどの覚悟がないと起業して残るのは難しいのだと改めて知ることができます。
起業は夢やアイデアはもちろん必要ですが、それ以上に泥臭く歯を食いしばって働くということ以外に未来はない。
これがリアルな起業した人の経験を元に伝えたい言葉なんだと思う。
起業に興味がある方には必見。
分かりやすく読みやすいので、ほんの数時間で読めますよ。

レビュー3

読み易く今までの甘い考えを捨てさせてくれる本でした。
まだまだ足りない部分を学び独立を諦めないか、この本を読んで弱気になり諦めるかは、自身を振り返る良いきっかけになりました。

この本は綺麗事抜きで起業するために必要な事を教えてくれる本です。

起業してみたいなと考えている人にお勧めです。

本書は以下の8部構成から成っています。

1.起業を思い立った時にすること
2.会社を辞める前にしておくこと
3.会社の設立、本に書かれていないこと
4.会社を作ってはじめにやること
5.起業後の会社経営とは?
6.起業家の失敗例を知る
7.熟年起業について考える
8.起業して成功するためのヒント

この本は、著者の井上さんが創業してから経営が軌道にのるまでに経験したこと、そこで身につけた知恵など を包み隠さず、伝えるために書かれました。

起業を考えたならまずはこの本を手に取ってください。

3-3.経営者になるために積んでおくと有利な経験

3-3-1.営業の経験を積む

まず初めに営業の経験を積んでおくと凄く有利です。

なぜなら、会社立ち上げの時期は何を差し置いてでも営業で売り上げを立てる事が必須だからです。

これができないと会社はすぐに潰れてしまいます。

仮に1年分の貯金があったとしても、営業ができなかったらすぐに潰れてしまいます。

まるで真綿で首を締め付けられるような感覚はできれば味わわない方がいいですよね笑

本当に辛いので、そんなことにならないためにも営業の経験を積んでおきましょう。

3-3-2.異業種交流会などで人脈を広げる

2番目に必要なのは異業種交流会などで人脈を広げることです。

なぜなら、起業したときに仕事をくれるのはそれまでに関わってきた人だからです。

人脈を広げておくと、それだけ仕事をもらえる可能性が広がるので、起業当初のスタートダッシュに有利になります。

私も会社員時代にセミナーで出会った人から企業当初に600,000円と言う高額の案件の依頼があったからこそ、 私が本当に学びたいと思った講座にも行くことができました。

経営者として名刺だけの人脈は必要ありませんが、お仕事につながるような深い関係性の人を少ない数でもい いので仲良くなっておきましょう。

3-3-3.副業で小さなビジネスを立ち上げる

3つ目に必要なのは副業で小さなビジネスを立ち上げることです。

なぜこの経験が有利になるのかといいますと、実際に会社をやめたりして起業するのと比べて、最低限の生活 安定しているので何回でもテストができるからです。

そして、小さなビジネスを立ち上げることでビジネスの全体像が理解できるようになります。

会社で働いていると営業なら営業、経理なら経理といった形でビジネスのの一部しか理解することができません。

これは受験をするのに数学しか勉強していない、英語しか勉強していないのと同じようなものです。

受験でも全教科勉強しないといけないのと同じように、経営でもビジネスの全てを最低限こなせるようになる 必要があります。

そのために副業で小さなビジネスを立ち上げていると企業前に全体像が理解できることができるのでかなり有 利になります。

4.経営者になるための具体的な3つの方法

ここからは経営者になるための具体的な3つの方法についてお伝えしていきます。

4-1.起業して経営者になる

1つ目が起業して経営者になることです。

これは1番お勧めの方法です。

なぜなら、最も早く確実に経営者になることができ、自分のスキルや能力によっ て全てダイレクトに収入に跳ね返ってくるからです。

他の方法だとどうしても会長いやオーナーといった上の人がいるので収入が全部自分に跳ね返ってくる事は難しいです。

それに比べると自分で起業して経営者になると、事業の決定権も収入も全て自分で決めることができます。

では実際に起業して経営者になるためには何をすればいいのか?

個人事業主の場合は開業届けを出すだけです。

株式会社を立ち上げる場合については後ほど詳しくご説明します。

経営者になる場合まず初めに出てくる候補が起業して経営者になるという選択肢です。

4-2.出世して経営者になる

2番目の選択肢は出世して経営者になることです。

この方法はかなり難しいです。

なぜなら出世して経営者になるためには実績も出す必要がありますし、人間性に ついても周りから評価される必要があるからです。

そのため、自分の努力だけではコントロールできない部分での運などが非常に大きく影響してきます。

それに、出世して経営者になると言う事はその会社の社員全員よりも優秀であること必要があるので、純粋に競争相手が多すぎます。

それでもこの方法で経営者になると決めた場合は、長い時間をかけて周りの信頼と実績を勝ち取っていく必要があります。

4-3.雇われて経営者になる

3つ目が雇われて経営者になると言う選択肢です。

いわゆるフランチャイズ契約で経営者になるパターンです。

この方法はあまりお勧めしません。

なぜなら、フランチャイズ契約はその会社のシステムやのれんをそのまま使わせていただくことができます が、その代わりに利益のほとんどを本部に持っていかれるからです。

なので頑張って働いても利益があまり残らないため社長といっても苦しんでいる方がほとんどです。

私は経営者になったからにはある程度の利益も残して、時間的にも余裕のある生活ができた方が良いと思っているので、頑張って働いても報われない可能性が高いフランチャイズ契約はお勧めしません。

5.経営者になるために注意すべき点

それでは経営者なるために注意すべき点についてお伝えします。

5-1.経営者として成功する事は甘くない

まず初めに、経営者として成功する事は甘くないと言うことです。

会社の倒産率を見ればわかりますが、5年後10年後まで存続している会社はほんの一握りです。

経営者になるだけなら開業届を出せば誰でもなりますが、そこから長く事業をやって成功する事はまた別の話です。

会社で働くのが嫌だからと言って起業する人がたまにいますが、そのようなマインドで起業した場合はほぼ必 ず失敗します。

よく、1年分の貯金を食べたから大丈夫と言って起業する人がいますが、1年分の貯金なんてすぐに尽きてしま います。

この間、じりじりと貯金が減っていくのは本当に辛いと思います。

これで結局サラリーマンに戻っている人もか なり多いです。

なので甘い気持ちで起業することだけはやめてください。

5-2.初めは先輩からコンサルティングしてもらうのがお勧め

初めは先輩からコンサルティングをしてもらうのがお勧めです。

なぜなら、初めは起業の初心者で、何も知識がない状態だからです。

スポーツだって一番初めは先生やコーチから必ず教えてもらえますよね。

なのに起業になった瞬間、なぜか自分は大丈夫と思い込んで勢いでビジネスをして皆さん失敗していきます。

そうならないためにも、起業当初はコンサルティングを受けることを強くお勧めします。

5-3.知識を付けることも大事だけど行動しないと人生は変わらない

3番目の注意点としては知識をつけることも大事ですが行動しないと人生は変わらないと言うことです。

よくいらっしゃるのですが、起業準備が大切だと言ってがんばってお勉強ばかりするのですが、行動に結びついていない方がいます。

確かに知識も大事です。

ですが、行動をしない限り人生は何も変わりません。

私も人生が変わったタイミングは大学生時代に30万円以上の金額を投資してコンサルティングを受けた時だったり、自分で商品を開発して販売した瞬間です。

この時は行動してもうまくいかないこともこともありました。

そんな中、頑張ってもがいて行動したからこそ今があります。

とは言っても私もまだまだ駆け出しですが、これからも行動して一緒に人生を変えていきましょう。

6.株式会社を設立するためのステップ

6-1.ステップ1 会社の基本的な事項の決定

まずステップ1は会社の基本的な事項の決定からです。

特に重要なのは次の5つです。

①商号
会社名のことです。

②本店  

会社住所のことです。「〇丁目〇番〇号」など、実際に法人として登記される正確な住所を確認します。

③目的  

定款や会社の登記簿謄本に記載される事業内容のことです。

④資本金  

株式会社・合同会社ともに、資本金の額は「1円以上」であれば設立することが可能です。

⑤決算日  

会社設立日の前月の末日(一番長く免税の期間がとれる)を決算日とするのが一般的です。

それでは、基本的な事項が決定できたら次は書類の作成に移りましょう。

6-2.ステップ2 必要書類等の準備と、定款等の書類一式の作成

ステップ2は必要書類等の準備と、定款等の書類一式の作成です。

発起設立(発起人だけで全額の出資を行う場合)で必要となる書類は次の通りです。

それでは、これらの書類を公証役場の公証人に認証してもらいましょう。

6-3.ステップ3公証人による定款認証(株式会社のみ)

ステップ3は公証人による定款認証(株式会社のみ)です。

定款の認証は、会社の本店の所在地を管轄する法務局又は地方法務局の所属公証人が扱います。

通常は、いきなり公証役場に定款を持参してその日に認証をしてもらうのではなく、事前に、 定款案 認証時の必要書類 認証日 認証手数料 定款の受け取り用媒体(CD-R、USBメモリ等)  
 などについて公証役場と調整します。

その後、公証役場に行って「公証人認証済み定款(電子データ等)」と「紙の定款謄本」を受領します。

定款認証手数料は、約52,000円ほどです。

(謄本請求費用2通分を含む) それでは、続いて法務局へ登記申請をしましょう。

6-4.ステップ4法務局への登記申請

ステップ4は法務局への登記申請です。

法務局への登記申請はこちらのサイトで申請書を作成の上、管轄の法務局に出向いて登記相談コーナーを利用 する事をお勧めします。

(※法務省HP 商業・法人登記申請 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/COMMERCE_11-1.html

登記申請時に納める登録免許税は、以下の通りです。

株式会社の場合は15万円(※)

(※資本金の額の1,000分の7。 15万円に満たないときは15万円) 合同会社の場合は6万円  
 それでは、最後に各種届出を出して会社の設立は完了です。

6-5.ステップ5 各種届出

ステップ5は各種届出です。

会社・法人の設立後、すみやかに各種の届出を行いましょう。

会社の設立は完了です。

7.当メディア責任者塩崎逹貴(コンサル会社経営)インタビュー

7-1.Q.経営者になるために苦労したポイントはありますか?

7-2.Q.普段はどのような1日を過ごしていますか?

7-3.Q.経営者として大切にしている事はありますか?

 7-4.Q.これから経営者を目指す人にアドバイスをお願いします。

8.MIRAIDってどんな会社?

若者たちの起業のプラットホームになる」事を目標に、情報発信やビジネスを通して、自分自身の理想の生き方や働き方を実現するためにサポートをする会社です。

「起業とか興味はあるけどどうすれば良いかわからない…」

「やりたいことがある、叶えたい夢がある」

「もっと自由に働きたい!」

誰しも大小はあれど、胸の内に自分の理想を秘めていると思います。

しかし、

・相談できる相手や教えてくれる人がいない…

・モチベーションが続かない

・売上が上がるイメージがつかない

・そもそも何から始めたら良いのかわからない…

MIRAIDは、「起業してみたいけど1歩目が踏み出せない」とくすぶっている若者の武器となり、

個人起業を全面バックアップします。

8-1.豊富な実績

*弊社が作成した一通りの起業プログラムを完了させた場合の集計です。(当社調べ)

コンサルサービスに申し込み、弊社の提供する初心者の方でもできる簡単なカリキュラムを一通り完了させた方のほとんどが、売上を出すことができています。

2019年11月から半年足らずですでに85人もの人がMIRAIDのコンサルを受けてだいたい1.2ヶ月で売上を上げています。

その後も100万120万と月々コンスタントに売上を上げ続けている人もたくさんいます。

その中で数人をご紹介します。

森大起さん

大学在学中に20代後半女性にダイエットのノウハウの商材の販売やオンラインでの食事管理の事業開始。

SNSから集客から電話での営業を通し、売上30万円を開始から3ヶ月で達成。

その後はwebサイトの作成なども並行して行い、月間30万円を安定して出し続けている事例。

 

森啓太さん

大学在学中に弊社の起業プログラムを実践。2ヶ月ほどで、英会話の上達をサポートする事業を展開。

SNSからの集客から電話での営業を通し、売上75万円をスタートから2ヶ月で達成。

その後、少し売上は下がったものの、月間100万円以上の売上をその後安定して出し続け、2020年5月現在、法人化の準備に入っている事例です。

 

水谷良さんは、

フリーのパーソナルトレーナーとして活動していて、市場を広げたいと弊社のプログラムに参加しました。

女性向けダイエット市場で、ノウハウをまとめた電子書籍の販売から開始。

その後アフターフォローとして、ダイエットサポートサービス月額3万円で販売し、売上50万達成。

利益率は90%で手取りで45万円ほどが収入になった例です。

久保百華さん

大学在学中に恋愛の市場で、同世代の女性向け恋愛ノウハウの商材の販売を開始。

スタートから26日で8万円の売上を出し、その後、自身の集客・営業ノウハウを生かして起業支援事業を開始。

その後3ヶ月後に売上120万円を達成した事例です。

ビジネスを学べるのはもちろん、最も難しいと言われている「仲間づくり」と「継続」も同時に叶えられる環境はMIRAIDだけです

わからないところもしっかり寄り添いながら、あなたの理想の実現まで徹底的にサポートしてくれます。

9.実績者多数のMIRAIDのコンサルティングサービス

以下がMIRAIDのコンサルティングサービスになります。

この中から特にご好評いただいているサービスを軽くご紹介します。

MIRAIDホームページ

9-1.専属コンサルタントにより完全個別コンサルティング

あなた専用のコンサルタントによる、毎日の完全個別指導が可能です。

MIRAIDのコンサルティングサービスが他の会社と最も違う点は徹底的な完全個別指導です。

なぜ完全個別指導にこだわっているのかと言いますと、起業初心者の方は何をどんな順番で進めたら良いかが分からない事から間違った行動を取ってしまって失敗するパターンが多いからです。

実際に人によって目指す目標もつまずくポイントも様々なので、自分自身にあった個別コンサルを受けられる事が大きなメリットです。

他にも個別指導のコンサルティングサービスを行っている会社様はありますが、MIRAIDでは全てのクライアント様にコンサルタントの個別LINEをお伝えして24時間いつでもサポートしている点が最も違う点です。

気軽にLINEで繋がることができ、オンラインで連絡が取れるのでいつでもスタッフに相談ができるのも心強いです。

9-2.初心者でも安心!個人起業プログラム

1,000人以上の指導実績のもと成り立っている初心者が起業していく上での大切なことが凝縮されている起業実践のカリキュラムを採用しています。

知識も経験もない方がビジネスを起こして収益を実際に得るまでの流れを完全に網羅しているので、「実際に何をしていったら良いのかわからない」という方や「売上が上がるイメージがつかない」という方でも安心して取り組んでいただけます。

一度売上を上げるという経験をすることで自分でイメージがつきやすくなるので、その後も長期的にビジネスを継続していくことが可能です。

また、実績・指導力など厳しい審査を受けた講師による丁寧なスタートアップ講習も実施されているので、初心者の人でも必要な基礎知識やノウハウを順を追って学べます

9-3.定例勉強会や交流イベントの実施

MIRAIDでは様々な段階の会員様が集まる定例勉強会を実施しています。

毎回違う内容と講師でスタートアップ講習やサイトでは学べない、最新のノウハウや体験をライブで行うことができます。

営業、コンサルティングなどいろいろなビジネスのプロなわけですから、なんと言っても講師陣の話が面白いと毎回満員になる程大好評です。

学校の講義のようにガッチガチな雰囲気ではなく、自分の体験談や実際の生の声なども交えて時に面白く、時に熱く話してくれるので時間もあっという間でし

話を聞くだけでなく、参加者同士で和気あいあいと意見交換をしたり、実際に紹介したフレームワークをしながら進めたりするので、

「でも学校の授業とか硬いのは苦手だし…」という方でも楽しんで参加できます。

また、日によって講師と内容が違うので、どの日に参加しても新しい情報を得られるのも嬉しいポイントです。

こういった学び面だけでなく、季節や時期に応じてスポーツ大会やパーティなど様々なイベントも開催しているので、

普段会わないような起業家や同じくコンサルを受けている会員様同士でオフの繋がりも作れます。

勉強会やイベントに参加した際に仲良くなってそれから一緒に今は仕事をしています!という人もたくさんいます!

自分と同じように起業を目標として頑張る仲間は意外と見つけるのは大変です。

なのでこのMIRAIDで初めて夢を語り合える仲間ができたときは本当に嬉しかったし今私がこうしてフリーランスとしてビジネスをできているのは一緒に頑張れる仲間ができたからだと思っています!

「一人だとついついだらけちゃって続かなさそう…」なんて人でも、一緒に切磋琢磨でき仲間がいるのでビジネスが続きやすいという大きな利点もあります。 

無料eBook
自分で稼ぐ力を最速で手に入れる

学生のための5ステップ起業法

起業に関して以下の様な
お悩みを抱えてはいませんか?

  • 起業したいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 独立や起業に興味があるけど、自分にもできるか不安
  • できるだけリスクを抑えて起業したい

というあなたのために、現役起業家が集まるTRY BASEメンバーの知識を結集させた、無料eBOOKをご用意しました。

資料
Step1
儲かる市場を選ぶ
Step2
自然と売れる商品の作り方
Step3
Web集客3つの手法
Step4
答えのない問題を解決する
Step5
圧倒的GIVERになる

今すぐ、このレポートをダウンロードして、
起業の悩みをマルッと解消してください。
方向性とアクションプランが明確になるはずです。