【学生起業家が教える】起業で失敗する学生に共通する事例と特徴

学生起業で失敗する人はどんな人かご存知ですか。

結論から話すと、
学生起業で失敗する人はビジネスモデルのことを何もリサーチしていない状態でビジネスを開始する方や、
計画性のない方などが失敗します。

それは、実際に私が学生起業のコンサルを行い、多くの失敗を見てきた結果からわかったことです。

実際に教えていた学生で、「僕は社長になりたいです」という意気込みでビジネスを開始したものの、どういう風に進めて行くのかも全く理解もしていなく、なんの計画性もない方がいました。

そんな方でも収益をあげることはできるのですが、思っていたビジネスライフとのギャップがあり、最終的には、収益をあげるまえに辞めてしまいました。

やはり、学生で起業する方は、リサーチ不足の方が多く、起業に失敗する方が多いです。

そこで今回は、あなたがが学生起業で失敗しないために、学生起業での失敗率、失敗する人の事例や特徴につ いてまとめました。

最後に失敗しないすべきことも記載してるので、最後まで是非見てください。

1学生起業での失敗率

最近起業するという言葉が多くなり、ネットビジネスで起業したという声をよく聞きます。

まさにそのうちの一人が僕自身です。 大学生で起業する人が多いため、起業することが簡単と思っている方も多いと思います。

では、実際に起業の失敗率はどうなっているのかを説明します。

https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/PDF/chusho/03Hakusyo_part1_chap2_web.pdf

上記グラフから一般の企業の2015年の廃業率が3.8%と低い数字という事がわかります。

しかし、学生での起業の失敗率は高いです。

なぜなら、考えが甘くリサーチ不足で収益化までの計画もないからです。

僕自身も実際に成功する前に何回も色んなビジネスモデルに手を出してきましたが、失敗の連続でした。

投資や転売などインターネットで起業しようとしたものの、なんの計画性もなく始めた結果が失敗でした。

また、実際に教えてくれる人がいなかったので自分で考えるしかありませんでした。

社会人で起業する方は、失敗の傾向何低いです。 なぜなら、学生とは違って自分の生活がかかってる分しっかりとリサーチするからです。

やはり、しっかりとリサーチする方は、計画性もあり収益化までの計画もしっかりと立っているので、学生が起業するよりは、失敗する確率が低いです。

2学生起業失敗事例

僕自身が学生起業のコンサルタントを行い、感じたことを踏まえて、なぜ学生起業で失敗することになってしまったのかを紹介します。

2-1ただ起業に憧れているだけで起業

ただ起業に憧れているだけの理由で学生起業を始める方は失敗します。

僕自身学生起業のコンサルタントとして多くの学生と関わらせてもらいますが、憧れだけで起業する学生はすぐにやめてしまいます。

やはり、学生起業を憧れだけで始めてしまう方は、実際にどのようなことを行うのかリサーチ不足で始める方が多いです。

なので、まずは、学生起業する際は、自分が行うビジネスモデルをある程度理解した上で始めましょう。

僕自身が実際にコンサルしていた学生で、どんなビジネスモデルなのかも全く調べすにビジネスを始めた学生が いますが、その学生は自分の想像していた作業内容と違うからといって起業を諦めていきました。

2-2最初から大きな借金を背負う

大学生などの起業家の中には選択するビジネスモデルによっては、最初から大きな借金をし失敗する学生が多く います。

なぜなら、実際に始めるビジネスモデルのことをしかっりとリサーチせずに良き未来のことばかり考え、投資してしまっているからです。

よって、最初から大きな借金を背負うことはやめとくべきです。

学生起業のコンサルタントをしている僕のオススメは、最初は初期費用のかからないビジネスモデルを選択することです。


森大起
友人の話ですが、自分でデザインしたものを「この商品は絶対に売れる」と思い、大量に在庫を抱え売れなか ったというケースがあります。
このようになれば想像できると思いますが、赤字になります。

2-3市場のリサーチ不足

次に市場のリサーチ不足で失敗することが多くあります。

市場のリサーチで需要と供給のバランスがとれていることを確認することは重要になってきます。

「売りたい商品」が、必ずしも消費者が「買いたい商品」とは限らないということは多々あります。

市場のリサーチを行わずに販売すると、思うほどは売れなかったというケースも決して珍しいことではありませ ん。

失敗してから打開案を探しても遅すぎるので、そのような事態を避けるためにも、事前の市場のリサーチは欠かせません。


森大起
僕自身も男性向けダイエットの市場でビジネスを行ったことがありますが、失敗に終わった経験があります。
その後しっかりとリサーチし、女性向けダイエットで学生起業に成功しました。

 市場のリサーチ方法としては、以下の項目があります。

2-4収益がでるまで時間がかかるビジネスモデルの選択

収益がでるまでに時間がかかるビジネスモデルを選択すると、多くの方は途中でやめてしまいます。

本当に稼げるのか不安なことに長期間時間を割くことは嫌だと感じます。

上記に記載した収益があがるまでに時間がかかるビジネスモデルは、実際に収益を上げるまでは収入はもちろん0になります。

なので、できるだけ早く収益があがるビジネスモデルを選択することで、本当に収益があがるという安心感を得 ることが大事になってきます。

僕自身も収益をあげたタイミングで安心感を得てそこからビジネスにハマってしまったタイプです。


森大起
僕自身はコンテンツ販売で、収益をあげました。
実際に僕がコンサルしてる学生は全員コンテンツ販売を行っ ています。

2-5成功事例をそのまま真似して起業

既に成功している事例をそのまま真似して失敗した学生起業家を多くみてきました。

学生は経営の経験やマーケティングの知識などもない方が多くいるため、既に成功している事例を参考にすることはとても良いことです。

しかし、既に成功している事例をそのまま真似し、同じサービスや商品の提供では成功することはできません。

なぜなら、商品やサービスなど全くでは、世の中にその商品は出回っていますし、既に成功している方が有名なので、真似をしても売れないことが多いです。

例えばですが、化粧水をあなたが売るとして、A社の化粧水の成分と全く一緒やけど名前だけ変えて売ったとします。

A社は有名な化粧品会社なので、もちろんファンもいます。

全く認知されていないあなたの会社が全く同じ化粧水を出しても売れる可能性は低いです。

なので、起業家を目指すならオリジナリティのあるアイデアや他との差別化を図ることが重要になってきます。

成功事例は真似ではなくあくまでも参考にすることをオススメします。


森大起
実際に全てのコンテンツを真似してビジネスを行なっていた学生がいましたが、結果成約率が平均よりも低く なっていました。最終的に1から自分なりのコンテンツを作成し、販売を行なっていました。

3学生起業のコンサルをしてて見てきた学生起業で失敗する人の特徴

僕が実際に学生起業を始める方のコンサル を行い、失敗する人の特徴をまとめました。

3-1自分の考えを曲げない

自分の考えを曲げずに、素直に柔軟に対応できない人は失敗しやすいです。

自分の考えだけで成功する人ももちろんいますが、多くの学生は失敗するケースが多いです。

僕自身も自分の考えを曲げずにビジネスを行い、大きな収益を出すことができずに失敗した経験があります。

また、実際に僕自身がコンサルを行っていて、素直に柔軟に対応している方の方が、失敗する学生は全体の2割程度しかいませんでした。

なので、失敗したくないなら、既に成功している方の意見を素直に柔軟に対応することが大切です。

3-2継続することが出来ない

継続できない人に成功はありません。

学生起業といえば、かっこいいイメージもありますが、毎日自分で決めたタスクを必ず継続させています。

このタスクに関してはビジネスモデルによって異なりますが、僕自身は毎日がブログの執筆と画像の作成を行っています。

毎日のタスクを継続できた、結果今は起業できたと思っています。

なので、学生起業で失敗しないためには必ず継毎日のタスク継続することが必須です。

3-3自分で考えようとしない

自分で考えない人はいつか失敗します。

教えてくれる人がいないと稼げない自分になってしまうからです。

僕自身コンサルの仕事をしていますが、なんでも質問してくる方と、一度自分で考えてから質問してくる方では、学生起業の失敗率が大きく違います。

失敗しないためには、困ったら一度考えてみるは習慣化しておきたいです。

3-4計画性がない

「計画を立てるのが苦手」という方は非常に危険です。

起業にとって計画はとても重要です。

起業の前かから事業計画書を立てて、その先は計画通りに進めることが大切です。

しかし、計画を立てずに勢いで進めて行く方の多くは失敗に終わってます。

僕自身、過去に計画を立てることなく、起業したことがありますが、失敗しました。

計画を立てていれば、回避できたリスクを上手く避けることができたと思います。

学生は学校の予定もあるため、しっかりと事業計画書を作成しましょう。

既に成功している事例を参考に事業計画書を書くことをオススメします。

1.事業の概要

どのような事業を始めようとしているのかを具体的に書きます。

ここで意識するのは以下のの3点です。

・誰に
・何を
・どのように提供するか

ここを明確にするだけでも大まかな概要を相手に伝えられます。

例えば、
・誰に…20~30代の女性を中心とした若者に
・何を…ワインにこだわった専門店を
・どのように…都市部の繁華街にバル形式で出店する

などと説明できれば伝わりやすくなります。

2.事業のコンセプト

なぜこの事業をやる必要があるのか、この事業で何を成し遂げる予定なのかを明確にする箇所です。

できるだけ簡潔に分かりやすく表現しましょう。

事業を通じた自社のミッションや、特徴、強みのほか、顧客のメリットを記載します。

また、事業を運営する中、迷ったときに立ち返る道しるべにもなるはずです。

3.競合や市場規模など環境面

競合他社の強みなど自社を取り巻く状況や、取り扱うサービスや商品の市場規模はどのくらいかを記載する項目です。

競合他社のそれぞれの強みを分析した上で記載してください。

競合の強みや弱みを分析すると、自社の独自性や強みを発見できます。

分析の際には、

・何を売っているのか(商品)
・いくらで売っているのか(価格)
・どういった流通経路で売っているのか(流通)
・ブランド戦略・PR戦略など、どのような戦略で売っているのか(販売戦略)

といった軸から洗い出してください。

4.自社の強みと弱みといった現況

SWOT分析(「強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の頭文字から命名された フレームワークのこと)などで、割り出した自社の強みや弱みなどを書きます。

弱みを書く際は、どのようにそれを改善していくのかの施策も記載しましょう。

強みは、技術やスキル、ノウハウ、資格、組織力、企業風土などの観点から、自社が顧客から選ばれる理由を分析します。

このときのポイントは、
・顧客にとっての価値
・顧客の負担 ・利便性
・コミュニケーション

などを軸にして分析を行うことです。

5.サービスや商品の概要

自社で取り扱うサービスや商品はどんなものか、どのように生産や提供するのか、概要を書きます。

大きな売上シェアが見込めたり事業の看板になったりするような商材、品揃えなどについて、競合他社との違いも説明しながらアピールしてください。

また、顧客に提供するサービスのうち「目に見える価値」と「目に見えない価値」、付随するサービスはどう いったものがあるかを分析します。

さらに自社のコストと競合他社との比較や、商品の価値、顧客のコストといった「価格」軸でも分析を行います。

6.販売戦略やビジネスモデル

取り扱うサービスや商品をどのようなチャネルでどう流通するか、商材のセールスポイントや市場の状況を踏まえた販売戦略・ビジネスモデルを記載します。

どうやって顧客に自社の商品やサービスのことを認知させるか、購入に至るまでの仕組みについて説明するのです。

ここで重要になるのはどのようなチャネルを使うかといった販売経路と、顧客に商品・サービスを知ってもらうためのプロモーション。

事業における登場人物を設定し、顧客に商品・サービスが届くまでのプロセスや代金回収の仕組みをフローチャートにして利益を生み出す仕組みを分析しましょう。

7.財務計画

事業が将来どれだけ利益を挙げられるか、資産に関する財務計画を記載します。

財務計画は大まかに分けて3つです。

売上に関する計画

どのように売上を挙げていくか、原価はどの程度になるかなどのフローを書きます。

売上計画を立てる際は、商品やサービスの単位などに分けて考えます。

見込み客数や公式の経営指標などを参考にして、実現可能な計画を予測して書くとよいでしょう。

顧客ごとに分けて考えるのも効果的です。

売上原価計画を立てる際も、売上計画と同様、各商品や各サービス単位などに分けて書きましょう。

これにより、売上のうちどの要素を伸ばしていくのが効率的かを判断する材料にもなります。

利益に関する計画

利益計画は非常に重要視される項目です。

売上や原価、販管費、借り入れ、税など利益を計算するための項目を記載します。

利益を計算するには、売上から売上原価、人件費、減価償却費、販売費、管理費、借入利息、税などと順を追って予測していく必要があるのです。

利益は「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引後利益」などがありますが、この予測を立てるには、 上記の費用を把握しておかなくてはなりません。

利益計画を立てると「利益を出す事業になるためにはどこで売上を上げ、どこの費用を下げるのか」が見えて きます。

資金調達に関する計画

資金調達に関する計画も重要視される項目です。

利益計画では利益が出ていても、現金が十分に足りているのか、それとも不足しているのかは分かりません。

利益が出ている=資金があるではないため、利益計画から資金について測ることはできないのです。

資金計画は、売上計画と利益計画で出した数値を、資金の増減に合わせて表を作り直すと計算できます。

売上計画や利益計画ができていれば作成できますが、ここが曖昧だと資金計画の作成も難しくなります。

また、銀行からの借入の際、返済可能な資金があるかなどの判断を適切に行ってもらうためにも、資金計画の 作成は重要となります。

4学生起業で失敗しないためにすべきこと

学生起業で失敗しないためにすべきことについて学生起業コンサルタント目線で解説します。

4-1収益化するまでの計画を立てる

収益化するまでの計画は必ず立てましょう。

学生の場合はまだ失敗しても就職すればいいと意識が少しでもあるので、必ず計画を立てて進めてください。

よくある例としては、「就職があるから大丈夫」という気持ちになり、自分が起業するために今やるべきこと が後回しになってしまいまいます。

なので、しっかりとこれからやるべきことを明確にして計画を立てましょう。

4-2市場調査を行う

自分がこれから参入する市場の調査を行いましょう。

自分が参入する市場には、同じようなサービスや商品がどの程度あるのか、その中でも人気のあるサービス や、どんな年齢層に人気があるのかなど細いかいところまでしっかり調べておくことが成功のポイントです。

実際に市場調査を行わず始めた学生の多くは失敗しています。

4-3最初は大きなリスクを負わない

最初から大きなリスクを負わないことです。

学生はまだまだ経営の知識が浅いため、リスクは最小限で済ませましょう。

正直僕自身も学生起業を始める際はお金がなかったのでリスクを背負いたくありませんでしたいつ失敗しても 大丈夫なように初期費用がかからないビジネスモデルを探してたことを今でも覚えています。

僕がコンサルしてる学生の方は、初期費用がかからないビジネスモデルを選択し、進めてもらっています。

そもそも学生では大きなお金はないかと思うので、リスクは稼いでから負いましょう。

4-4起業アイデアをしっかり決める

学生で起業するにあたってアイデアは非常に重要になります。

その中で、どのようにアイデアを決定すればいいかわからない学生の方も多いと思います。

私自身が学生起業のコンサルティングを実際に行っていて、学生が起業する際にアイデアを見つける上で重要な 基準や実際にに成功した事例、アイデアの出し方について紹介していきます。

https://try-base.com/use-this-idea-if-you-want-to-succeed

4-5メンターを見つける

メンターとは、既に起業している先輩起業家のことを言います。

起業を目指している人の中には、ネットや本で情報収集をしていても起業に対する不安が残っていて、起業をする勇気がでない方が居るのではないでしょうか。

起業するための勇気が出ない方は、メンターから話しを聞いてみるのが起業をする上で1番の近道になりま す。

メンターに相談するとリアルな失敗談や成功談の他に、リスク対策なども詳しく教えてもらうことができるので起業失敗のリスクをグンと減らす事ができます。

また、あなたの聞きたい事や疑問に思った事をその場で答えてくれるのも大きなメリットの一つです。

「メンターの見つけ方がわからない!」と言う方には株式会社MIRAIDという会社をオススメしています。

MIRAIDでは、起業に対する悩みを持っている方や、これから起業を目指すすべての方をサポートしています。

5.MIRAIDってどんな会社?

「若者たちの起業のプラットホームになる」事を目標に、情報発信やビジネスを通して、自分自 身の理想の生き方や働き方を実現するためにサポートをする会社です。

「起業とか興味はあるけどどうすれば良いかわからない…」

「やりたいことがある、叶えたい夢がある」

「もっと自由に働きたい!」

誰しも大小はあれど、胸の内に自分の理想を秘めていると思います。

しかし、

・相談できる相手や教えてくれる人がいない…

・モチベーションが続かない ・売上が上がるイメージがつかない

・そもそも何から始めたら良いのかわからない…

MIRAIDは、「起業してみたいけど1歩目が踏み出せない」とくすぶっている若者の武器となり、 個人起業を全面バックアップします。

5-1.豊富な実績

*弊社が作成した一通りの起業プログラムを完了させた場合の集計です。(当社調べ)

コンサルサービスに申し込み、弊社の提供する初心者の方でもできる簡単なカリキュラムを一通 り完了させた方のほとんどが、売上を出すことができています。

2019年11月から半年足らずですでに85人もの人がMIRAIDのコンサルを受けてだいたい1.2ヶ月で 売上を上げています。

その後も100万120万と月々コンスタントに売上を上げ続けている人もたくさんいます。

その中で数人をご紹介します。

森大起さん

大学在学中に20代後半女性にダイエットのノウハウの商材の販売やオンラインでの食事管 理の事業開始。

SNSから集客から電話での営業を通し、売上30万円を開始から3ヶ月で達成。

その後はwebサイトの作成なども並行して行い、月間30万円を安定して出し続けている事例。

森啓太さん

大学在学中に弊社の起業プログラムを実践。

2ヶ月ほどで、英会話の上達をサポートする事業を展開。

SNSからの集客から電話での営業を通し、売上75万円をスタートから2ヶ月で達成。

その後、少し売上は下がったものの、月間100万円以上の売上をその後安定して出し続け、2020年 5月現在、法人化の準備に入っている事例です。

水谷良さんは、

フリーのパーソナルトレーナーとして活動していて、市場を広げたいと弊社のプ ログラムに参加しました。

女性向けダイエット市場で、ノウハウをまとめた電子書籍の販売から開始。

その後アフターフォローとして、ダイエットサポートサービス月額3万円で販売し、売上50万達 成。 利益率は90%で手取りで45万円ほどが収入になった例です。

久保百華さん

大学在学中に恋愛の市場で、同世代の女性向け恋愛ノウハウの商材の販売を開 始。

スタートから26日で8万円の売上を出し、 その後、自身の集客・営業ノウハウを生かして起業支援事業を開始。

その後3ヶ月後に売上 120万円を達成した事例です。

ビジネスを学べるのはもちろん、最も難しいと言われている「仲間づくり」と「継続」も同時に 叶えられる環境はMIRAIDだけです。

わからないところもしっかり寄り添いながら、あなたの理想の実現まで徹底的にサポートしてく れます。

6.実績者多数のMIRAIDのコンサルティングサービス

以下がMIRAIDのコンサルティングサービスになります。

この中から特にご好評いただいているサービスを軽くご紹介します。

MIRAIDホームページ

6-1.専属コンサルタントにより完全個別コンサルティング

あなた専用のコンサルタントによる、毎日の完全個別指導が可能です。

MIRAIDのコンサルティングサービスが他の会社と最も違う点は徹底的な完全個別指導です。

なぜ完全個別指導にこだわっているのかと言いますと、起業初心者の方は何をどんな順番で進め たら良いかが分からない事から間違った行動を取ってしまって失敗するパターンが多いからで す。

実際に人によって目指す目標もつまずくポイントも様々なので、自分自身にあった個別コンサル を受けられる事が大きなメリットです。

他にも個別指導のコンサルティングサービスを行っている会社様はありますが、MIRAIDでは全て のクライアント様にコンサルタントの個別LINEをお伝えして24時間いつでもサポートしている点 が最も違う点です。

気軽にLINEで繋がることができ、オンラインで連絡が取れるのでいつでもスタッフに相談ができるのも心強いです。

6-2.初心者でも安心!個人起業プログラム

1,000人以上の指導実績のもと成り立っている初心者が起業していく上での大切なことが凝縮され ている起業実践のカリキュラムを採用しています。

知識も経験もない方がビジネスを起こして収益を実際に得るまでの流れを完全に網羅しているの で、「実際に何をしていったら良いのかわからない」という方や「売上が上がるイメージがつか ない」という方でも安心して取り組んでいただけます。

一度売上を上げるという経験をすることで自分でイメージがつきやすくなるので、その後も長期 的にビジネスを継続していくことが可能です。

また、実績・指導力など厳しい審査を受けた講師による丁寧なスタートアップ講習も実施されているので、初心者の人でも必要な基礎知識やノウハウを順を追って学べます。

6-3.定例勉強会や交流イベントの実施

MIRAIDでは様々な段階の会員様が集まる定例勉強会を実施しています。

毎回違う内容と講師でスタートアップ講習やサイトでは学べない、最新のノウハウや体験をライ ブで行うことができます。

営業、コンサルティングなどいろいろなビジネスのプロなわけですから、なんと言っても講師陣の話が面白いと毎回満員になる程大好評です。

学校の講義のようにガッチガチな雰囲気ではありません。

自分の体験談や実際の生の声なども交えて時に面白く、時に熱く話してくれるので時間もあっと いう間でし話を聞くだけでなく、参加者同士で和気あいあいと意見交換をしたり、実際に紹介し たフレームワークをしながら進めたりします。

「でも学校の授業とか硬いのは苦手だし…」という方でも楽しんで参加できます。

また、日によって講師と内容が違うので、どの日に参加しても新しい情報を得られるのも嬉しい ポイントです。

こういった学び面だけでなく、季節や時期に応じてスポーツ大会やパーティなど様々なイベント も開催しているので、 普段会わないような起業家や同じくコンサルを受けている会員様同士でオフの繋がりも作れま す。

勉強会やイベントに参加した際に仲良くなってそれから一緒に今は仕事をしています! という人も たくさんいます!

(実際このTry Baseメンバーの藤野君とはセミナー等で仲良くなり、今では一緒に仕事をする仲に なっています!(笑)

自分と同じように起業を目標として頑張る仲間は意外と見つけるのは大変です。

私も学生時代学校の友人に「ビジネスする!とかフリーランスでやっていく!」と言ったら少し小馬 鹿にされ たのを覚えています。

(そこからバカにされるんじゃないか…って少し怖くなって友人に は当時一切いえませんでした)

そんなこともあって初めは一人でやっていましたが、それでは続かず、限界が来るのも早かった です。

なのでこのMIRAIDで初めて夢を語り合える仲間ができたときは本当に嬉しかったし今私がこうし てフリーランスとしてビジネスをできているのは一緒に頑張れる仲間ができたからだと思ってい ます!

「一人だとついついだらけちゃって続かなさそう…」なんて人でも、一緒に切磋琢磨でき仲間が いるのでビジネスが続きやすいという大きな利点もあります。

7.さあ雇われない生き方の一歩を踏み出そう!

いかがでしたか? 雇われない生き方をして、どんなことをしようか想像するだけでワクワクします よね。

一度きりの人生、自分の好きな自分でいるためにもこれを機に働き方も見直してみてください ね。

それでは、あなたのビジネスライフがより良いものになりますように。

 

LINE相談実施中!

あなたもお金のこと、事業モデルのことなど、たくさんの悩みを抱えながらも、
起業への興味を捨てきれないのではないでしょうか?

当ブログを運営する私達、株式会社MIRAIDは
一歩を踏み出してみたい
若い起業家志望の方へのサポートを行っております。

MIRAIDの実績
  • これまで累計1000人以上の
    起業コンサルティング実績
  • カリキュラム終了後の
    “収益化達成率”
    は驚異の95%
起業初心者が確実に売上を出すための
お役立ちノウハウ
  • 起業初心者が絶対に意識すべき
    起業の鉄則
  • 損をしない起業方法
    の具体的なステップ
  • 実際の学生起業家が経験した
    成功・失敗を集めた生の
    体験動画
  • 株式会社MIRAIDが提供する
    サポートの詳細資料

こんな方はぜひLINEを追加してみてください。
きっとあなたが次のステップに進み起業成功に近づくアドバイスができると思います。